2017
03.25

よもぎさん・・・虹の橋を渡りました。


3月23日までは何とか呼吸も普通に出来てました、ヨモさん。

DSCF7310.jpg



24日朝補液に10時頃病院へ、検温と心音のチェック。

この時、体温が40℃超えから39.3℃まで落ちてました。

ここに来ての解熱・・・ヤバイな~・・・と感じつつ帰宅。

帰宅後、ヨモをリビングまでキルトに包んだ状態で抱っこ移動

キルトを取ると・・・盛大に下痢便をしてました。。。(^▽^;)

それを拭きとって、ヨモの下半身をきれいに拭いて、拭いて、拭いて・・・

その後、ヨモさんベットへ移動。

DSCF7322.jpg
体温が下がったヨモ・・・なぜか冷たさを求めて、奥の寒い所へ移動


ココまでの一連の流れの中で、ちょっと気になる呼吸の速さ・・・

でも、まだ大丈夫!ヨモは何事も無く ただ横になって寝てるだけだしね~・・・

と、高を括って余裕で見守り体制になっていました。。。





で、夕方 5時過ぎ・・・ヨモの呼吸が段々と異常に思えて来きたのですよ。

思いっきり力を入れて吸い込んで、吐く時は 口からも空気が出てるほど一生懸命な呼吸。

朝から水を与えてないので・・・スプーン2杯の水を口元に持っていくと、勢いよく飲み始め

その数分後、思いっきり吐いて・・・また飲みたいと水場にヨロヨロと行く

この日は足にも浮腫が出来て、触っても痛い状態で嫌がるのに

痛い手足を使いながら水を飲みに50㎝を歩くヨモ。

DSCF7312.jpg

DSCF7313.jpg

ベットに戻って・・・

ヨモさん、寝返りが多くなり・・・どうも苦しいらしい と気付きました。

これって・・・もしかして・・・頭の中で、いろんな思考がグルグル、グルグル・・・

即、獣医さんに電話、ヨモの今日一日の流れを説明して。



今のヨモの状態だと、もう2~3日ぐらいしかもたないのでは?

≪よもぎさん、一気に悪化してます。今日も心音が早くなってるな~と思ってました。
    二日はもたないと思いますよ・・・≫

ちょっと待ってください、先生! 二日はもたないって事は今夜か明日にはって事ですか!
    今のこの状態で心停止まで徐々に進むって事ですよね?

≪そうですね・・・・・そうなります、発作が起きない場合は・・・≫

冗談じゃないですよ!!!窒息死になる可能性が高いって事ですよね!
    今の この呼吸のまま心停止までって事は・・・嫌です!!!
    今から連れていきます。鎮静麻酔を入れて下さい。窒息死にはさせません。


って事で、病院へ・・・ヨモはこの時点で、もう首にも、身体にも力が入ってませんでした。

即、鎮静剤を血管に点滴用の針で入れて頂きました。

ジンワリ~・・・と熟睡に入って行くヨモさん・・・

呼吸は相変わらずですが、ヨモの意識もうありません。


さて、この後、安楽の処置の為の薬を動脈に入れないといけないのですが・・・

先生!!!折角点滴用針で、確保した血管の針を抜いちゃったのよ。。。

で、再度 血管を探したんだけどさ・・・もう血圧が下がってるし、探しても見つからないのよね~

って事で、ご主人先生が帰って来るのを待つ事に。

ヨモさん、気持ちよく爆睡・・・

が、しかし、ご主人先生が帰ってこない。どうやら渋滞に引っかかってるらしい。

奥さん先生が電話で≪よもぎさんが・・・もう眠ってるんだけど・・・とにかく、早く帰って来て≫

この時、私は何となく不吉な予感が・・・ご主人先生ってー・・・安楽を嫌がるのよね~

察知したご主人先生・・・とーぜん帰って来ないわね~・・・でも、待ってるしかないよね~

2時間が経過した頃、ヨモの呼吸に異変が・・・

咳をするような呼吸に変わり、先生が 

≪心臓が止まり始めました・・・熟睡してるので苦しくはないですよ≫ と

先生!!!鎮静麻酔を皮下でいいから追加で入れて!

皮下注射後・・・数秒で呼吸の間隔が広がって・・・静かに旅立ちました。

苦しくないかもしれない・・・でも苦しかったら?ダメよ、嫌よ!!!

な、飼い主のわがままな要求に、嫌な顔一つしないで付き合って下さった先生

ありがとうございました。


もうね~・・・最後はドタバタでしたが、ヨモさんを苦しめないで見送れたかな~・・・


最後まで、看取る・見守る・・・つもりでしたが、死ぬのを待つ事は出来ませんでした。

ギリギリまで自問自答しながら、ヨモの飼い主です!私が決めます!


今日、府中の慈恵院で初七日までの法要を行って来ました。



DSCF7328.jpg


DSCF7332.jpg



DSCF7335.jpg



声を掛けたら 起き出して来そうなヨモさん。

4歳は若すぎる。それが悔しくてたまらない飼い主です。


ヨモの為に祈って下さった皆様、ありがとうございました。。。













スポンサーサイト

トラックバックURL
http://pugs.blog6.fc2.com/tb.php/607-83d6b32d
トラックバック
コメント
よもちゃん、お疲れ様でした。

何度ものぞいていました。

仕事の時も休憩時間とかに。

ついに悲しい知らせを見てしまいました。

もっともっと長生きして欲しかった。

でも、最近の写真は丸くなって寝ている姿が多かったので、体重が減ったと聞いても実感がなかったのですが、今日のブログでの全身の写真を見ると痛々しく痩せてしまって••••

パグなのに美味しくご飯を食べられず辛かったでしょう。

最後に吐いてはしまったけど、水を飲めて美味しいと思えたかなぁ。PTAさんに飲ませてもらって幸せだったと思います

最期まで自然に、って私も思っていましたが、いざ全身が痛くなったり身の置き所がなくなったときは、最期の瞬間をちょっとだけ早めて安らかに逝かせてあげるのも愛情なんだな、と思いました。

綺麗なお花に囲まれて、痛みや発作から解放されて、ゆっくり休んでね、よもちゃん。

橋の向こうにダンゴ兄さんが待っていてくれるから寂しくないですね。

PTAさんもお疲れ様でした。
まるですdot 2017.03.25 20:18 | 編集
よもちゃん、よく頑張ってくれましたね。
悲しいですね。
PTAさん、ご自愛くださいね。
ちびたま母dot 2017.03.25 20:24 | 編集
よもさん、闘病頑張ったね。。。
小さかったよもさんに会ったのが
つい昨日の事のようで
とても悲しいです

ずっとずっと可愛いかったよ

PTAさん、お疲れ様でした。。
どうぞご自愛してくださいね。。
リリママdot 2017.03.25 21:07 | 編集
色々とご心配をお掛け致しました。

まるっと一週間、水だけでフードには口を付けていませんでした。
それでも、最初は歩いて・・・ガムも噛んで・・・でしたので、タカを括ってました。
患ってる所が脳なので・・・壊死する脳炎なので・・・脳死状態になるだろうと・・・
甘かったな~・・・と思います。最後の一日、ヨモは意識がある状態で心不全を起こしてました。
人間だったら人口呼吸器を用意するところですよね~・・・
時間をかけて窒息状態で心停止を待つなんて、考えただけでも卒倒しそうでした。
最後は、ドタバタしてましたが、彼女が深い眠りに就いたまま呼吸を止めたので、ほっと出来ました。

初七日が終わり・・・改めて回想した時に・・・あと二日早く鎮静麻酔に踏み切っていれば、最後の苦しさは無かったよね~・・・と思えて、やっぱりソコで後悔してる私です。。。
彼女の体は、最後の一日で死ぬ準備をしてました。すべて吐いて、出して・・・
そこに至る前に私は決心をしないといけなかったんですよ。。。
ヨモに死ぬ準備をさせてしまった・・・。

あれこれ後悔しつつ・・・私はちょっと頑張んないと、ペットロスになりそうですからね~(^▽^;)

ありがとうございました。
dot 2017.03.27 15:53 | 編集
応援ありがとうございました。
始めから勝ち目のない戦いでした。
よもぎさん!頑張って生きてくれました。
4年は短い!世のブリーダーの首を絞めたいくらいです!!!(^▽^;)
dot 2017.03.27 15:58 | 編集
ありがとうございます!!!

ホント!つい昨日でしたよね~、よもさんを抱っこして写真を撮ったのが!
小さな身体で頑張りました!
飼い主は後悔まみれですが(^▽^;)
ダンゴさんに続きヨモさんまで・・・
思いっきり凹んでますわ(^▽^;)
dot 2017.03.27 16:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top